ダニエルスワロフスキーの魅力

ダニエルスワロフスキーの魅力

ダイアモンドにも負けない輝きを持ち、気軽に楽しめる価格帯と、豊富な色・デザインを併せ持つ、そんなスワロフスキーの魅力をご紹介していきます。



サイトトップ > ダニエル・スワロフスキーとは

スポンサードリンク

ダニエルスワロフスキーの魅力

ダニエル・スワロフスキーとは


19世紀、チェコ生まれの若きダニエル・スワロフスキーはガラス職人の父のもとに生まれ、自らもガラス職人になりました。そして1892年、ジュエリーストーンの研磨を精巧で正確に行なえる機械を発明しました。この機械は手作業に比べ、一万倍もの速度でのカットが可能というものです。


そのカッティングの秘密を守るため翌年にオーストリアのチロル地方に移住し、1895年、ヴァッテンスに工場を建てD.Swarovski & Co.を創業します。創業から第一次世界大戦まではガラスの研磨が中心で、その後第二次世界大戦までは主に宝飾クリスタルを生産し、世界中で認められるようになりました。


ベルサイユ宮殿やオペラ劇場のシャンデリアやオブジェ、ラインストーン、ビーズ・ペンダントトップ・ボタンといったアクセサリー製品まで幅広く製造を行っています。


スワロフスキークリスタルガラスが通常のクリスタルガラスよりも輝きが良い理由は、クリスタルガラスの作られ方にありました。そのため通常のカット製品でも、光の反射加減により虹色に見える事があるといいます。


ダニエル・スワロフスキーは1914年に死去しましたが、現在ではスワロフスキー社が年間生産する200億個以上のカット・クリスタルの中から、「最高品質の物のみを使用したクチュールジュエリーとバックのブランド『ダニエル・スワロフスキー』」としてその名を残しています。


ダニエルスワロフスキーの魅力

MENU



スポンサードリンク